【Corporate】Executive 堀 直之

【Corporate】Executive 堀 直之

📕

堀 直之(Naoyuki Hori) 株式会社ROXX  経営管理部長 2019年4月にROXXへジョイン。趣味は三国志のソーシャルゲーム(全国ランキング3位)。

image

憧れのキャリアを実現させるために選んだCFOとIPOの道

- 学生時代から堀さんには仕事をする上での目標があると聞いていますが、詳しく教えていただけますか?

学生時代からスタートアップ企業のIPOに携わることをずっと目指していたんです。

これは自分の中で今もずっとあるこだわりで、キッカケは自分が大学2年生のときに起きたライブドア事件でした。

当時は画期的なM&Aによる時価総額の最大化を企画して、その実行に携わったCFOの方をテレビで見てすごいな、と思ったんです。

自分もこういうことが実現できる人になりたいと思い大学2年生の時に色々調べました。

会計士や税理士になってから実現する方法、投資銀行に入って実現する方法など色々な道があったのですが、投資銀行経由の道で行くことに決め、大和証券SMBCのインターンシップに参加させてもらいました。

大和証券SMBCのインターンシップでは当時在籍していた小泉さん(現:株式会社メルカリ取締役会長)の下で働いていて、CFOになる方法について色々と相談をしていました。

その際に、投資銀行の公開引受部からCFOと言うルートがあるよと小泉さんから教えてもらい、その話が大変魅力的で大和証券SMBCの公開引受部に入社しました。

そして、その時インターンシップのメンターをしてくださった先輩から「IPOを実現した後に飲む酒はどんな高級酒よりも美味い」という話を聞き、IPOってヤバいなと思ったんです(笑)

自分は性格的に目先の数値や目標を追いかけるような短距離ランナー型ではなく、長いこと頑張り続けて2年後、3年後に目標達成することにやりがいを感じる長距離ランナー型なので、少なくとも3年はかかるといわれるIPOに強い魅力を感じました。

その時からずっとIPOに携わることを目指しています。

image

ROXXのサービスは無理せず自然と愛することができた

- その後ROXXに入社するまではどのような経験をされたのですか?

大和証券の後は、当時マザーズに属していた株式会社アイスタイルが東証一部に切り替わるタイミングで入社し、経理実務経験を積みました。

その後、株式会社もしもに在籍していた際にIPOを目指して5年間頑張っていたのですが、結局バイアウトを選択しました。それからはフリーランスとして医療系IT企業でIPOを目指して頑張っていたのですが、諸事情でIPOが難しくなってしまい辞めています。

そして次を考えた時に、IPOすることにこだわっている小さな自分に気付き、すごく馬鹿らしいなと思ったんです。

そこで上場企業と未上場企業を両方を次の転職先の候補としました。上場企業側からCFO職で内定をいただき、入社するかどうかを考えた時に「やっぱりIPOを一回経験しないと自分の人生絶対後悔する」と思い、ROXX入社の道を選びました。

ROXX入社前は社長に次ぐ立場を経験したこともあるのですが、社長との相性の良さや仲の良さから社長を支援したい、という気持ちでいると、社長が変わった時、その会社に対するロイヤリティがなくなってしまうんじゃないかと思いました。

だから、社長の人柄や相性で自分の就職先を選ぶのではなく、会社のサービスコンセプトや世の中に対して提供している価値の大きさで選ぼうと決めていました。

実際にROXXのサービス内容を知った時は、自然と無理せずサービスを愛することができました。

株式会社もしもで採用責任者をしていた時もリファレンスチェックは自主的に取り組んでみたのですが、とても大変だし全然大したことが聞けなかったんです。

その苦労があった後にback check を知り、世の中にすぐにでも普及したいと思いました。

SARDINE(現:agent bank )は、本当に人材紹介サービスを受ける必要があるキャリア困難層に対してサービスを提供しようというコンセプトが個人的にすごく好きで、自然と事業そのものを受け入れることができました。

ROXX代表の中嶋さんはよく「一発屋にはなりたくない」「時代の転換点になる継続性のあるロングセラー商品を売り出したい」ということを言うのですが、そういった中嶋さんの根本的なサービスに対する考え方からもこういう会社なら自分も永く頑張りたいと思いました。こういった想いがあり、この会社でIPOの夢を実現したいと思い入社しました。

この会社にいれば一生自分に満足することがない

- ROXXの魅力はどんなところでしょうか?

会社の成長が早いので自分の目線が自然と上がっていくという部分が魅力だと思います。

ただ、強制的に目線を上げていかなければならないという部分も表裏一体であります。

スピードが早い分この会社にいると、余計なことを考えることなく頑張ることができますし、間違いなくスキルも上がっていきます。

以前はある程度の立場になった時に、自分に満足してしまっていたのですが、その数年間は成長していなかったと思います。その時のことを考えると、今ROXXを辞めるというのは自分にとって、もったいないことなんです。この会社にいると自分に満足することがないということが自分にとってのROXXの魅力であり、大変なところです。

image

しがらみのない環境があるからこそ 日本一生産性の高い管理部を創りたい

- この先、堀さんがROXXでやりたいことはありますか?

IPOが目標の会社でいたくないですし、IPOが目標の自分でもいたくないので、IPOはとっとと実現して早くその先に行きたいです(笑)

IPOの先のことは色々と考えるのですが、ざっくり今考えているのは日本一生産性の高い管理部を作りたいと思っています。

管理部の仕事って売上が伸びるような業務ではなく、やらなければならない業務なんですが、それって生産性がないじゃないですか。

その業務の中の無駄を効率化できてないのが日本国内のほぼ全ての企業で、物理的にできないかというと、僕はできると思っています。だから、できると思っている自分の仮説を検証したいなと思っていて、既にRPAの導入など色々と着手しています。

具体的にこの1年何を変えてきたかと言うと、例えば、会計システムを変えました。上場準備との関係で非常にシビアなタイミングだったのですが、短期的に大変であったとしても中期的に最適な選択肢をとった方が絶対良いと思ったからです。一日でも早く新しい会計システムを中心とした業務フローを作りたくてしょうがなかったというのもあります(笑)

あとは、社内に法務担当者ではなく弁護士を置いています。社内に法律のプロである弁護士がいることによって、リーガルチェックなどの作業が圧倒的に少なくなりました。

今やりたいなと思っているのは、給与計算は外注先の顧問社労士とRPAだけで全て完結できるようにしたいと思っています。人がやっている部分の作業を全てRPAだけで実行できるようにして、社内で給与計算をしないようにしていきたいです。

他にもやれることはたくさんある状態なので、地味ですが着手できるところからコツコツとやっていきたいですね。そして、毎日テレビ局から取材がくるような状態になりたい(笑)それくらい生産性を高くしたいです。

もし、ROXXで最大限生産性の高い管理部を作り上げることができたら、その先はどこかの会社で「ひとり管理部」というのをやってみたいと思ってます。ある程度大きい会社の管理部のオペレーション部分を一人で無理なく回せるような仕組みを作ってみたいです。あとは、その仕組みをパッケージ化して販売する事業ができたら最高に面白いですね。

これは会社の目標ではなく僕のエゴなんで...子会社でも良いけど(笑)

- 最後に、1年半ROXXに在籍して、どんな人ならROXXに向いてると思いますか?

自分や会社の成果を最大化することにやりがいを感じられる人が向いてるかと思います。成果をあげることに対してのしがらみはないので。

ほとんどのベンチャー企業の求人に「幅広い仕事と裁量があり、そういった業務をお任せします」という内容が書かれていると思うのですが、実際にその業務を行っていくと必要になってくる投資や社内間の調整業務などによってうまく事が運ばないことって結構あると思うんです。

今のROXXでは生産性を高めるという目的であれば、自分やりたいことを実現できるし投資もしてくれます。

だから生産性が超高い管理部で働くために、生産性が超高い管理部を創りたいという人はとても向いていると思います!(笑)

現状、今の生産性は20%くらいだと思うのですが、1年前が3%ほどだったので、劇的に変わっていると思います。

変えていくにあたって僕一人の力ではレベルの低いところで留まってしまうので、経理/労務/法務/総務/情報システムなどの各部門毎にスペシャリストを置きたいです。

例えば、労務に詳しいだけでなく、僕以上に労務の最適解を考えられるような人だったら労務の生産性はきっと劇的に上がりますし、そういった人が法務や総務にもいたらいいな考えています。

そして僕はその人たちが最大限良いものを考える支援をして超生産的な管理部門を作れたら良いなと思っています。

ーーーーー  堀さん、ありがとうございました!

image

ROXX, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています