【Designer】agent bank 飯島 祐

【Designer】agent bank 飯島 祐

🀄

飯島 祐 (Yu Iijima) 株式会社ROXX agent bank事業部 デザイナー 2020年2月にROXXへジョイン。趣味は麻雀と暗号資産。

image

「ROXX」という社名とロゴを見て直感的にこの会社だと思った

- ROXXに入社前はどのような仕事をされていたんですか?

基本的にはずっとデザインに関わる仕事をしています。ROXX入社前はアプリの受託会社に所属していて、案件によりますがUIデザインやディレクションを担当していました。

元々は高校卒業後に友人と二人で会社を立ち上げて、アパレルブランドの企画・運営、店舗経営などを経験しました。Tシャツのグラフィックや紙面広告などを作る必要があり、この時に独学でデザインを学びました。会社運営は3年程続けていたのですが、結婚を機に全てを辞めて、アパレル系のEC事業をやっている会社に就職しました。この会社では当初営業職として採用されたのですが、実際には現場のデザイナーの先輩方に色々教えてもらいながら、バナーを作ったりしてデザイナーとしての業務をメインでやっていました。

数年経った頃に、会社が倒産しそうになり、知人に声をかけられて同じアパレル系のEC事業をやっている会社に転職し、その後はメディア運営の会社やWebの受託会社など複数社転職し、様々な媒体やサービスのデザインに携わりました。

- 若い時から豊富な人生経験をお持ちですね。そんな中で、どういった理由でROXXに入社したのですか?

2019年の終わり頃、デザイナー専門の転職ドラフトサイトに登録していて、スカウトがキッカケでROXXという会社を知りました。他にも色々な会社からスカウトが来ていたのですが、「ROXX」という社名とロゴが自分の中でとてもインパクトがあり、直感的に話を聞いてみたいと思い応募しました。実際に応募したのもROXXだけです。

入社を決めた理由も、社名とロゴがかっこいいなと思ったからです。ちょっと安易な理由かと思いますが、冗談ではなく実際この比重は大きかったです。感覚的な部分もあると思いますが、この社名とロゴを選択できる人がトップなんだ、という信頼感は入社前からありました。何がかっこいいかは主観的なものなので人それぞれだと思うのですが、この短い社名と、シンプルだけど力強いロゴが自分にはすごくフィットしていると感じました。

人材業界は初めてでしたが、これまでの経験からどんな事業であれやってみたら楽しいし大変だと思うので、特に抵抗感はなかったです。あとは、前職で受託を経験していたので単純に次は事業会社に行きたいという思いはありました。

実際に面接に行ってみると、面接を担当してくれた小平さん(現:開発チーム マネージャー)の対応が物腰が柔らかく説明も丁寧で、やりとりも終始気持ちがよかったです。過去には面接官の方がちょっと横柄だったり、会社に対して良い印象が持てずに辞退することが多かったのですが、ROXXに関しては実際に現場で一緒に働く方々の人の良さや、会社としてのセンスの良さを面接の中で感じ、惹かれた部分が大きかったと思います。

ROXXに入社できた理由を振り返ってみると、back checkの存在も大きかったと思います。私はあまり自己PRが得意な方ではないので(笑)

実際に一緒に働いたことのある同僚たちの声というのも、評価や入社判断頂く上でプラスになったんだと実感しています。

image

こだわりの強い会社だからデザイナーとしてのやりがいも強く感じる

- 入社してから1年が経ちますが、ROXXの特徴は何だと思いますか?

全社的に意味の無いことや無駄なことが少ないですね。

特に私がいる開発チームでは改善し続けることが日々の仕事なので、今よりも良くなるためには何をすべきかをきちんと時間を取り、立ち止まって議論しています。

そこで決まったアクションは愚直に実行しますし、意味のないことはチームメンバー内で主体的にやめるという選択をしています。

こう言うと結構殺伐とした現場のように思われるかもしれないですが、そんなことはないです。Discordというコミュニケーションツールを使いリモートでも一日中いつでも話かけられる状態で開発しています。色んなメンバーがいますし、最近では業務後にそのままオンラインで麻雀をやったりと、和気藹々とした雰囲気かと思います。

あとは、少し変な表現ですが社長の中嶋さんがROXXのみんなから慕われていますよね。

今まで6社経験しているので単純計算で6人の社長の下で働いてきてますが、勢いのある会社ってトップや社長は誠実で、もれなく現場からリスペクトされていました。

中嶋さんはあんな感じで見た目は少しチャラチャラしてますし(笑)、普通ではない面白いキャラクターでありながら、物事を誠実にはっきり言うので、良い意味で飴と鞭が一人でできていて、それが魅力になっているんじゃないかなと思います。

- デザイナー視点でのROXXの特徴を教えてください。

ROXXの開発チームでは基本エンジニアが主体なので、デザイナーからするとすごく新鮮な環境であると思います。

受託会社にいた時はプロジェクト毎にクライアント、PM、ディレクター、エンジニア、別のデザイナーなどと組んで仕事していたのですが、今はエンジニア7名とデザイナー1名という構成なので、エンジニアが近くにいることによる仕事のしやすさをとても感じます。

今のチームではエンジニアが開発する過程を見ることができるので、リアルタイムで意見を求められたり言えたりします。エンジニアやデザイナーとしてのそれぞれ役割はありますが、日々全員が対等にプロダクトのことを考え、やるべきことを泥臭く実行しています。Biz側のチームも含めて、いい意味で業務がグラデーションになっていることが特徴だと思います。

あとは、社長の中嶋さん自身がデザインへのこだわりや理解が深いのもデザイナーとしては嬉しいポイントです。先日中嶋さんと直接一緒に仕事をする機会があったのですが、やりがいのある濃密な時間でした。話す内容の解像度も高く、社長というよりはデザイナーの上司にフィードバックをもらうような感覚に近くて、もちろんこだわりの強い中嶋さんからはリテイクを何度もいただきました…。(笑)

- 逆に今感じている不足点や困っていることなどはありますか?

現状agent bankのデザイナーは1人なんですが、やっぱり他のデザイナーの意見も聞きたいなとは思っています。1人であることのメリットもあるのですが、デザイナー同士の話って単純に楽しいし、それぞれ得意な分野があるので吸収できる部分が多いですよね。

もちろん、チームメンバーとディスカッションをして意見をいただくこともあるのですが、もしもう1人デザイナーがいたら、もっと良いものを作ることができるんじゃないかなとか思うことはあります。

image

デザインはあらゆるものに必要だから、会社全体のデザイン意識の底上げをしていきたい

- 飯島さんがROXXで成し遂げたいことがあれば、教えてください。

agent bankというプロダクトに限らず、ROXXでどんなデザインでもチャレンジしていきたいなと思っています。

デザインってデザイナーに限らず、みんなが普通に日々やっていることですよね。あらゆるものにデザインってくっついているから、今後はExcelみたいな当たり前のスキルになってくるんじゃないかと思っています。だからデザインに対しての意識の底上げはしたいと思っています。

センスが必要でしょ? ってよく言われますが、必要なのは知識と経験なので、その点は他の職種と変わらないですよね。ある程度の適性はあると思いますが。

あとは、日々新しいものは触っていきたいと思っています。今初めてHR系のUIデザインをやっているのですが、まだまだやったことのないフィールドはたくさんありますし、きっとまだ誰もデザインしたことのない「なにか」が出てくると思うんです。あまり計画的な人間ではないので、そういうものはチャンスがあり次第やっていきたいと思っています。

ーーーーー  飯島さん、ありがとうございました!

image

ROXX, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています

「まずは話を聞いてみたい」という方は飯島とカジュアルに面談することも可能です。

ぜひお気軽に下記よりご連絡ください!